お知らせ
お知らせはありません

NECと仙台白百合女子大学、大分県のKDBデータを活用して糖尿病性腎症の発症影響因子をAIで分析 - IoTNEWS

IoTNEWS 4ヶ月前
0 0
大分県では、1人当たり医療費が全国的に高い水準にあり、県民の健康寿命延伸と健康増進が重要な課題となっている。とりわけ県医療費の約3割を占める生活習慣病、中でも人工透析の約4割を占める糖尿病性腎症の早期発見・支援、重症化の予防が急務となっている。 そこで、大分県は2018年度、日本電気株式会社(以下、NEC)との保健事業の共同研究の実績を持つ仙台白百合女子大学に委託し、「産・官・学連携保健・医療・介護保険等デ…

記事を読む