お知らせ
お知らせはありません

日本最古?の診療明細、大垣で確認 明治41年作成 - 中日新聞

中日新聞 7日前
0 0
 国内最古とみられる1908(明治41)年作成の診療明細書が、岐阜県大垣市の「小寺家文書(もんじょ)」(個人蔵)で確認された。処方された薬価や材料名のほか、現代では見られない「召使(めしつかい)料」という項目もあった。研究者は「医療費の制度が確立される以前の受診の…

記事を読む