お知らせ
お知らせはありません

米競泳選手に1年8か月の出場停止処分、東京五輪絶望で引退表明 - AFPBB News

AFPBB News 6日前
0 0
【10月12日 AFP】米国反ドーピング機関(USADA)は11日、競泳男子の同国代表で通算2個の五輪金メダルに輝くコナー・ドワイヤー(Conor Dwyer)が、体内にテストステロンのペレット(錠剤)を埋め込んでいたと仲裁委員会から判断されたことを受け、ドーピング違反で1年8か月の出場停止処分を科されたと発表した。

記事を読む