お知らせ
お知らせはありません

外国人介護職の積極雇用は3割満たず 人手不足が深刻なのに…「日本語でのコミュニケーション」に課題 滋賀県の事業所調査|社会|地域のニュース|京都新聞 - 京都新聞

京都新聞 5日前
0 0
人手不足が深刻な介護業界で、外国人介護職の雇用に積極的な事業所が滋賀県内で3割に満たないことが、県のアンケート調査で分かった。残りの7割強は「未定」「今後の雇用も考えていない」と回答しており、外国人材の活用を期待する政府と現場の温度差が浮き彫りになった。 県が6月、県内1474の介護サービス施設・事業所を対象にアンケートを行い、678事業所から回答を得た。外国人介護職を「雇用中」「雇用予定がある」「機会があれば雇用したい」と積極的な回答を寄せたのは計175事業所で26%だった。このうち「雇用中…

記事を読む