お知らせ
お知らせはありません

392才のサメが存在、子供時代は150年、一方クラゲは不死 - インフォシーク

インフォシーク 3日前
0 0
392才のサメが存在、子供時代は150年、一方クラゲは不死, 動物学者の今泉忠明さんが監修した『ざんねんないきもの事典』(2016年、高橋書店)ほか一連のシリーズが子供たちの心をつかみ、爆発的に支持を得ている。そこで今回は、今泉さんに海の生き物の寿命のふしぎについて解説してもらった。海に生きる長寿生物の寿命とは?◆ニシオンデンザメ 脊椎動物の最長寿は“世界一のろいサメ”ことニシオンデンザメの392才。このサメ、赤ちゃんのハイハイくらいの速度で泳ぐなど動きも...

記事を読む