お知らせ
お知らせはありません

NYU医学部生、早期卒業へ 医師不足を解消し、コロナ治療の前線に - Daily Sun New York

Daily Sun New York 1ヶ月前
0 0
 ニューヨーク大学(NYU)は24日、医学部に在籍する4年生を対象に、通常よりも3カ月、卒業を前倒しにすると発表した。卒業してすぐに、NYUランゴーン医療センターの内科や救急医療室(ER)で「自主的に」インターンとして働くことが条件。新型コロナウイルスの感染拡大で深刻化する病院の人手不足を解消するのが目的。ニューヨークポストが24日、報じた。 NYUランゴーン医療センターでは、新型コロナウイルスのまん延で患者が病院内にあふれ、医師は超長時間労働を余儀なくされ、極限状態に陥っている。同医療センターからの窮状を

記事を読む