お知らせ
お知らせはありません

「3密」回避し屋外スポーツを 「新たな日常」どう暮らす、感染制御の専門家に聞く - 京都新聞

京都新聞 1ヶ月前
0 0
緊急事態宣言が解除されても、新型コロナウイルスが社会から消えるわけではない。「新たな日常」の中で私たちはどのように暮らせばよいのか。感染制御を専門とする京都府立医科大の藤田直久・病院教授に聞いた。 -緊急事態宣言が解除される状況に至った。「新規感染者や重症患者の数は減っている。宣言に伴う効果は間違いなく出た。3月下旬~4月上旬は患者数が増え続ける一方で、病院の受け入れ体制も十分でなかった。現場の体感として医療崩壊の懸念は強かった。病床数の確保が進むとともに、府民の皆さんの協力があって医療崩壊を…

記事を読む