お知らせ
お知らせはありません

AIを使い生体材料(バイオマテリアル)の設計に成功 機械学習で生体分子の吸着を予測し、材料を高速スクリーニング - 東京工業大学

東京工業大学 1ヶ月前
0 0
要点 材料の物性、生体分子との相互作用を、材料の化学構造から正確に予測 過去の文献データを利用したデータベースの構築と機械学習を活用 材料を高速にスクリーニングすることで、材料開発のスピードを圧倒的に加速 従来の試行錯誤的な材料設計のアプローチから脱却した、新しい開発手法 概要 東京工業大学 物質理工学院 材料系の林智広准教授らのグループは、機械学習[用語1]を用いて、生体材料(バイオマテリアル)...

記事を読む