お知らせ
お知らせはありません

「八面六腑」で働く腎臓内科医の哲学、コロナ対策・腎臓移植・途上国支援に奔走 - ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・オンライン 7日前
0 0
名医やトップドクターと呼ばれる医師、ゴッドハンド(神の手)を持つといわれる医師、患者から厚い信頼を寄せられる医師、その道を究めようとする医師を取材し、仕事ぶりや仕事哲学などを伝える。今回は第31回。最近は新型コロナウイルスの対策だけにとどまらず、腎臓移植の名医として知られ、途上国支援にも熱心に取り組むなど「八面六臂」の活躍をしている小林修三医師(湘南鎌倉総合病院院長代行・腎臓病総合医療センター長)を紹介する。

記事を読む