お知らせ
お知らせはありません

半導体前工程ファブ投資、20年は8%増の約600億ドル メモリー/ファンドリーが牽引、21年は13%増に - LIMO(リーモ)

LIMO(リーモ) 9日前
0 0
業界団体のSEMIは、2020年の半導体前工程ファブ投資が前年比8%増の約600億ドルになるとの最新予測を発表した。新型コロナによって、新たな半導体需要が喚起されており、メモリー分野を中心に旺盛な投資が続き、21年も前年比13%増と成長が継続するとの見方を示した。

記事を読む