お知らせ
お知らせはありません

山梨大学医学部附属病院 新型コロナ影響 診療売上20億円減少 - UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨 8日前
0 0
新型コロナウイルスは病院の経営にも打撃を与えています。山梨県中央市の山梨大学医学部附属病院は新型コロナウイルスの感染拡大以降、外来患者などが減り、診療での売り上げが20億円減少する見込みで厳しい経営状況が迫られています。こうした中、病院では9月17日安心して受診してもらうため病院内のコロナ対応をまとめた冊子を配布しました。これはWHOが定めた「世界患者安全の日」にあわせて行われたものです。今年のテーマは「医療従事者の安全が患者の安全につながる」。病院の入り口では島田学長など病院関係者が院内の新型コロナ患者専

記事を読む