お知らせ
お知らせはありません

家電の使用状況を読み取り、シニアを見守るマンション - 新公民連携最前線

新公民連携最前線 1ヶ月前
0 0
2017年から国土交通省が実施している「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)採択プロジェクト」。これは、住宅や住生活の質の向上や、新たなビジネス市場の創出・拡大を、IoT技術を活用して実現しようとする試みだ。これまでに6回の募集が行われ、計11プロジェクトが採択された。ここでは、採択事例のうち、「高齢者・障がい者等の自立支援」や「健康管理の支援」などヘルスケア分野をテーマにしたプロジェクトを紹介する。今回紹介するのは、19年度の第1回公募で採択された、サンヨーホームズの「サンミットひたち野東ステーシ

記事を読む