お知らせ
お知らせはありません

世界初 iPS細胞移植手術 目の難病治療確立目指す - FNNプライムオンライン

FNNプライムオンライン 9日前
0 0
iPS細胞から作った網膜のシートを目の難病の患者に移植する手術が、世界で初めて兵庫・神戸市の病院で行われた。「神戸アイセンター病院」が10月に行った、世界で初めての手術。関西在住の60代の女性患者は十数年前、「網膜色素変性症」と診断された。光を感じる網膜の細胞が徐々に機能しなくなる難病で、失明のおそれがあり、根本的な治療法がなかった。そこで病院では、健康な人から作ったiPS細胞を使って、視細胞のもとになる網膜のシートを作成し、それを患者の網膜に移植する手術を実施した。今回は、症状が進行している…

記事を読む