お知らせ
お知らせはありません

医療の最先端!進むiPS細胞の臨床研究【病理学の話】 | - ラブすぽ

ラブすぽ 5日前
0 0
iPS細胞とES細胞の違いを知る 「iPS細胞」を開発した山中伸弥教授は2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 iPS細胞とは、日本語では「人工多能性幹細胞」といいます。「多能性」とは、いろいろな細胞になれるという意味で、「幹細胞」とは、いくらでも増えることができて、他の細胞になることもできるという意味です。 つまり、iPS細胞は、自分の皮膚からつくることができ、いろいろな細胞になることができ、いくらでも増やせる万能細胞、ということです。 どんな細胞でもつくれるのだとしたら、角膜や脊髄、臓器など

記事を読む