お知らせ
お知らせはありません

介護施設 厳戒態勢/弘前・クラスター発生で - 東奥日報

東奥日報 4日前
0 0
青森県弘前保健所管内で、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していることを受け、弘前市内の介護施設は「利用者が感染すると重症化する恐れがある」と強い危機感を持って、感染防止策を強化している。一部施設は、職員に不要不急の外出自粛を呼び掛け、面会制限を強化した。新規利用者の受け入れを一時停止した施設もある。関係者は「職員は今春から感染防止対応に追われている。強いストレスを感じている」と語る。弘前市の社会福祉法人は18日、緊急会議を開き、特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホームの新規利用者の…

記事を読む