お知らせ
お知らせはありません

特養ホームに「陰圧室」 コロナ対策に全力 茂木・ききょうの里|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン) - 下野新聞

下野新聞 4日前
0 0
社会福祉法人「茂木福寿会」が運営する茂木町飯(いい)の特別養護老人ホーム「ききょうの里」(広域型、50床)はこのほど、新型コロナウイルス対策としてウイルスを室外に漏らさないよう気圧を低くする「陰圧室」を自己資金で設置した。医療用カーテンで仕切るゾーニングや施設の改装も行い、コロナ対策に力を注いでいる。栃木県内の高齢者施設では今後、国庫補助で陰圧室の設置が進む見通しだが、県によると「自前での設置例はあまり聞かない」という。

記事を読む