お知らせ
お知らせはありません

ES細胞で命をつなぐ 新生児の難病治療 再生医療研究に進展 - 中部経済新聞

中部経済新聞 1日前
0 0
 人のさまざまな組織や細胞に変化できる多能性幹細胞の一つ、胚性幹細胞(ES細胞)を使い、生まれつき肝臓の難病を抱える赤ちゃんを治療する臨床研究が始まった。1例目の子どもはこの治療で命をつなぎ、その後、父親からの肝臓移植を受けて無事に退院した

記事を読む