お知らせ
お知らせはありません

コロナ禍で生まれた3Dプリンタ活用の流れが、デジタル製造を加速 - @IT MONOist

@IT MONOist 7日前
0 0
コロナ禍で、あらためてその価値が再認識された3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリング。ニューノーマルの時代に向け、部品調達先や生産拠点の分散化の流れが加速していく中、サプライチェーンに回復力と柔軟性をもたらす存在として、その活用に大きな期待が寄せられている。2021年以降その動きはさらに加速し、産業界におけるデジタル製造の発展を後押ししていくとみられる。

記事を読む