お知らせ
お知らせはありません

認知症顧客の預金 - 佐賀新聞

佐賀新聞 2日前
0 0
認知症で預貯金を管理できなくなった本人に代わり、家族がお金を引き出すための手続きを銀行界が「見解」としてまとめた。高齢化社会に伴い認知症患者の急増が見込まれており、新たな対応が求められていた。親を介護する家族らに融通が利く仕組みとして、速やかな浸透を期待したい。 認知症を患う人は増えており、厚生労働省によると2012年の462万人が、25年には高齢者の5人に1人の700万人前後に上ると見込まれている。

記事を読む