お知らせ
お知らせはありません

横河電機がバイオベンチャーと協業 がん検査 高精度解析装置を量産 - 電波新聞社

電波新聞社 1ヶ月前
0 0
一滴の尿でリスク調べる グローバル展開へ 横河電機は、バイオベンチャーのHIROTSUバイオサイエンス(HBS、東京都千代田区、広津崇亮代表取締役)と、がんの検査サービスで協業し、自動解析装置の量産を行う。線虫という小さな生物を使ったHBSのがん検査サービス「N-NOSE(エヌノーズ)」の普及を図る。HBSはこのほど約19億円の第三者割当増資を実施、横河電機の出資額は非公表。 エヌノーズは、一滴の

記事を読む