お知らせ
お知らせはありません

大腸炎改善のカギは腸内細菌と宿主細胞の「協働作業」 - 日経メディカル

日経メディカル 14日前
0 0
腸内細菌叢が大腸粘膜の健全性を維持するメカニズムが解明された。腸内細菌が産生するポリアミンが、大腸上皮細胞や大腸粘膜の抗炎症性マクロファージの増殖に寄与するというものだ。ポリアミンとは、分子内に複数の第1級アミンを含む低分子の塩基性物質の総称で、全ての生物の細胞内に含まれる普遍的…

記事を読む