お知らせ
お知らせはありません

【4月9日付社説】看護職員の確保/復職しやすい環境整備を急げ - 福島民友

福島民友 14日前
0 0
 技術や経験を備えた潜在看護師の復職を促し、人材不足に直面する医療現場を支える必要がある。 県看護協会は今月、離職中の看護師らの就業を無料で支援する県ナースセンターのサテライト施設をいわき市に初めて開所した。週2日、相談員を配置し、求職者の相談に応じるほか、同市内の医療機関の求人開拓などに取り組む。 県内では看護師や保健師、助産師など約2万5千人の看護職員が働いている。しかし医療現場では慢性的

記事を読む