お知らせ
お知らせはありません

すべては患者さんのために!パーキンソン病の治療・研究をリードする順天堂の神経学講座 - juntendo.ac.jp

juntendo.ac.jp 14日前
0 0
アルツハイマー病に次いで多い神経変性疾患であり、高齢化の進展とともに患者数が急増しているパーキンソン病。順天堂大学の神経学講座(脳神経内科)は年間約4,000名の患者さんが来院する、世界屈指のパーキンソン病の臨床・研究拠点といわれています。医学部長・医学研究科長を兼任する服部信孝神経学講座教授に、臨床・研究・教育面における方針や現状についてお聞きしました。

記事を読む