お知らせ
お知らせはありません

いのちの電話 ピンチ 孤独、経済的苦境…コロナ長期化で相談深刻化 足りない人手「つながらない」 鹿児島 | 鹿児島のニュース - 南日本新聞

南日本新聞 6日前
0 0
 24時間無休で悩みの相談に応じる「鹿児島いのちの電話」(鹿児島市)がつながりにくい状況が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大で、不安や孤独感を訴える人が増える一方、ボランティアの相談員が不足しているためだ。感染終息が見えない中、相談内容も深刻化しており、事務局は「みなさんの力を貸してほしい」と相談員を募っている。

記事を読む