お知らせ
お知らせはありません

活況呈するALS治療薬の開発|脳・神経|学会レポート_薬剤情報|医療ニュース|Medical - Medical Tribune (会員登録)

Medical Tribune (会員登録) 10日前
0 0
 発症後3~5年で呼吸筋麻痺を来し、人工呼吸管理を行わないと呼吸不全で死亡に至ることが多い筋萎縮性側索硬化症(ALS)。原因不明の神経難病で、現状の保険適用薬2剤では進行を止めることができず、さらに有効な治療法が切望されている。徳島大学病院

記事を読む