お知らせ
お知らせはありません

遺伝性の乳がん、卵巣がんリスク低減へ「予防切除手術」 福井県内でも治療の選択肢に - 福井新聞

福井新聞 9日前
0 0
遺伝性の乳がんや卵巣がんを発症した患者を対象に、新たながんを防ぐためにがんではない状態の乳房などを切除する「予防切除(リスク低減切除)手術」が保険適用になって1年がたった。遺伝性がんの可能性のある患者が治療方針を決める際に重要なのか「遺伝カウンセリング」だ。福井県内でも徐々に取り組む動きが出てきており、福井赤十字病院(福井市)では専門家によるカウンセリングを受けた上で、予防切除手術が始まっている。

記事を読む