お知らせ
お知らせはありません

米国での遠隔医療の利用率、約4割へと拡大 - 新公民連携最前線

新公民連携最前線 4日前
0 0
多くの米国人が遠隔医療(テレヘルス)を利用したことがあり、半数以上が、今後はメンタルヘルスケアのために遠隔医療を利用する意向であることが、米国精神医学会(APA)が新たに実施したオンライン世論調査で明らかになった。調査結果はAPAのニュースリリースで5月27日に公表された。

記事を読む