お知らせ
お知らせはありません

視力のための一滴:超高濃度ルテインの開発で日本が再び大躍進 - 福島民友

福島民友 7日前
0 0
AsiaNet 90689【台北2021年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】世界保健機関(WHO)が2020年に発表した世界視力報告書によると、眼疾患や視覚障害の多くは、年齢、居住地域、収入レベルによって発生率が異なる。年を重ねるごとに白内障、老眼、緑内障、加齢に伴う黄斑変性症の発症リスクが高まり、眼疾患の有病率は中低所得国より高所得国の方が高い。同報告書は、アジア太平洋地域の

記事を読む