お知らせ
お知らせはありません

コロナウイルスを吸着、福島医大が「IgA抗体」マスク試作発表 - 福島民友

福島民友 9日前
0 0
 福島医大は20日、新型コロナウイルスに感染し回復した人の血液から取り出した「IgA抗体」を活用したマスクの試作品を開発したと発表した。マスクのフィルター部分に含まれるIgA抗体が、外部から来るウイルスに吸着し体内への侵入を防ぐ。医大は特許を出願中。販売については未定で、医大が販売を担う企業を探している。 医大が、工場の生産設備製造を手掛けるゼファー(須賀川市)に製造を委託した。試作品は非売品で

記事を読む