お知らせ
お知らせはありません

間葉系幹細胞、ヒューマンライフコードやPuRECが臨床開発を実施中 - 日経バイオテク

日経バイオテク 2ヶ月前
0 0
 間葉系幹細胞(MSC)は、免疫調節機能や抗炎症機能など多様な機能を持ち、様々な疾患の治療薬として研究開発が進んでいる。既に実用化されている製品もあり、他家骨髄由来MSCを製剤化した「テムセル」や自家骨髄由来MSCを製剤化した「ステミラック」などの再生医療等製品が上市されている。また、国内の上場企業であるサンバイオやヘリオスなどは、MSCを活用した臨床開発が進行中だ。

記事を読む