お知らせ
お知らせはありません

兵庫県 時短営業の全面解除も視野 21日まで求めている時短の継続に否定的な考え 斎藤知事 - www.fnn.jp

www.fnn.jp 9日前
0 0
兵庫県の斎藤知事は県独自で要請している時短営業について、10月21日で全面解除する可能性に初めて言及しました。兵庫県では緊急事態宣言が解除された後も、飲食店などに10月21日までを期限として時短営業を求めています。新型コロナウイルスの感染者が減少していることを受け、斎藤知事は10月21日で時短要請を全面的に解除する可能性に初めて言及しました。【兵庫県・斎藤元彦知事】「(解除の)前倒しは申し上げたとおり現時点で考えていない。色んな選択肢がある中で、状況を見ながら全面解除も一つの判断には入ってくる…

記事を読む