お知らせ
お知らせはありません

キャンバス、新規免疫系抗がん剤候補化合物CBT005で抗腫瘍効果(in vivo)が確認されました - 日経バイオテク

日経バイオテク 1ヶ月前
0 0
 当社は、⾃社で新規抗がん剤候補化合物を創出できる創薬バイオ企業として、臨床試験段階の⾃社創出抗がん剤化合物CBP501・CBS9106、前臨床試験直前段階のCBP-A08に続く探索創出段階〜最適化段階の化合物パイプラインを複数有し、前臨床試験に向かうリード化合物の獲得に向けて基礎研究を続けています。プレスリリースはこちら

記事を読む