お知らせ
お知らせはありません

「親に感謝したい」中学生が“命の大切さ”学ぶ 困ったときは周囲に相談を【新潟・胎内市】 - www.fnn.jp

www.fnn.jp 1ヶ月前
0 0
9日、新潟県燕市の女子中学生が「いじめられてた」と書かれた遺書を残し、校舎から転落死する事故がありました。生徒たちに命の大切さを知ってもらおうと、胎内市の中学校では特別授業が行われました。胎内市の中条中学校で15日、2年生の生徒と保護者約160人を対象に『いのちの授業』が行われました。この日は元看護師で、現在は新潟市東区でベビーマッサージや幼児教室などを開いている粟原あつ子代表が人形を使って赤ちゃんが生まれるまでの様子を説明。【Kite-me 粟原あつ子 代表】「赤ちゃんは生まれてくるとき、あ…

記事を読む