お知らせ
お知らせはありません

敷島製パンと近畿大、食品加工残さでバイオコークスを製造 実証開始 - 環境ビジネスオンライン

環境ビジネスオンライン 1ヶ月前
0 0
近畿大学(大阪府東大阪市)と敷島製パン(愛知県名古屋市)は11月16日、パン製造工程において発生する食品加工残さ(パンの耳やパンくずなど)を原料として、近畿大学が開発した次世代バイオ固形燃料「バイオコークス」を製造する実証実験を開始したと発表した。将来的には、食品加工残渣などで製造したバイオコークスを自社工場などで使用する資源循環モデルの構築を目指す。

記事を読む