お知らせ
お知らせはありません

不適切な養育でオキシトシン遺伝子がメチル化、対人関係に影響する可能性-福井大ほか - QLifePro医療ニュース

QLifePro医療ニュース 2ヶ月前
0 0
日本医療研究開発機構(AMED)は、マルトリートメント(不適切な養育、虐待など)を受けて育った子どもでは、オキシトシンペプチドの設計図となるDNA配列の一部領域が、一般の同年代の子どもに比べて、よりDNAメチル化され、オキシトシンの働き方が異なっている可能性があることを解明したと発表した。

記事を読む