お知らせ
お知らせはありません

天然由来EPSが潰瘍性大腸炎モデルマウスの病態と炎症症状を改善-広島大 - QLifePro医療ニュース

QLifePro医療ニュース 6日前
0 0
広島大学は、潰瘍性大腸炎モデルマウスに対して、イチジクの葉から取得した植物由来乳酸菌の一種「Lactobacillus(Lb.)paracasei IJH-SONE68」がつくる細胞外多糖体(EPS)を摂取させることで、モデルマウスの病態と炎症症状を明らかに改善することを発見。さらに、予防効果も確認したことを発表した。

記事を読む