お知らせ
お知らせはありません

適応拡大が進むロボット支援下手術、今後進むべき方向は? - 日経メディカル

日経メディカル 1ヶ月前
0 0
内視鏡下手術用ロボットを用いたロボット支援下手術は、最初に前立腺癌、続いて腎癌に保険が適用された。2018年には対象が大きく拡大され、胃癌や食道癌、肺癌、直腸癌など、12の術式で保険の適用が認められることとなった。さらに2020年度診療報酬改定でも、新たに7の術式にロボット支援下手術が保険

記事を読む