お知らせ
お知らせはありません

レバノン 子どもたちの生活、半年間で劇的に悪化 危機的状況は収まらず - 公益財団法人日本ユニセフ協会

公益財団法人日本ユニセフ協会 1ヶ月前
0 0
レバノンの危機的状況が収まる気配を見せない中、子どもたちへの影響はますます悪化しています。ユニセフ(国連児童基金)が本日発表した報告書『困窮する生活-レバノンの危機が子どもたちに与える未だかつてない悪影響(原題:Surviving without the basics; the ever-worsening impact of Lebanon’s crisis on children)』が示した新たな調査結果によると、飢えに苦しんだり、家族を支えるために働かなければならなかったり、必要な医療を受けられなかっ

記事を読む