お知らせ
お知らせはありません

子どものワクチン接種どう考える?忽那教授に聞く - テレビ朝日

テレビ朝日 3日前
0 0
12歳未満の子どもたちへの新型コロナワクチンの接種について、判断を迷う保護者も多いのではないでしょうか。 感染制御学が専門の、大阪大学・忽那賢志教授に話を聞きます。 5歳から11歳への新型コロナワクチンの接種は、早ければ2月から始まる可能性があります。ただ、子どもはあまり重症化しにくいことが分かっています。 ワクチンを打っていない人の重症化リスクを、30代を基準に年代別に示したデータを見ると、60代は25倍、70代は47倍と、30代から上にいくに従って重症化率は高くなっています。一方、10代は0.2倍

記事を読む