お知らせ
お知らせはありません

スマホで食品の在宅臨床試験ができるアプリが運用開始、半分以下のコストで多彩なデータ取得が可能|ECのミカタ - ECのミカタ

ECのミカタ 1ヶ月前
0 0
従来の臨床試験の多くは、20~200人程度の被験者(健常者)に医療機関などに集まってもらい、データを取得していた。しかし、コロナ禍にあってメーカーは感染リスクを避けるため多数の被験者を一堂に集めることに慎重になり、人数を分散させるために確保する会場の数や所要日数が増えていることで経費も増加している。 一方で、巣ごもりの影響で消費者の健康志向は強くなり、機能性表示食品のマーケットが拡大するなど健康食品にはビジネスチャンスが生まれている。 こうした状況下で、同社は被験者の安全を確保し、かつ多彩なデー

記事を読む