お知らせ
お知らせはありません

コロナ飲み薬、重症化9割抑制 - 南日本新聞

南日本新聞 1ヶ月前
0 0
 【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは14日、新型コロナウイルス感染症に対する飲み薬として開発中の「パクスロビド」が、重症化リスクの高い患者の入院や死亡を9割減らす効果を臨床試験の最終結果で確認したと発表した。

記事を読む