お知らせ
お知らせはありません

肺癌、消化器癌、白血病における分子標的薬耐性克服戦略の現状 - 日経メディカル

日経メディカル 1ヶ月前
0 0
分子標的薬の登場は、さまざまな癌の予後改善をもたらした一方で、耐性の発現が課題となっている。10月に開催された第59回日本癌治療学会学術集会の会長企画シンポジウム「がん分子標的治療の耐性と克服」で、座長の谷川原祐介氏(慶應義塾大学殿町先端研究教育連携スクエア)が「イタチごっこ」と表現

記事を読む