お知らせ
お知らせはありません

<診察室から>新型コロナウイルス感染症から学んだこと(18) 健康維持へ定期的な健診を - 佐賀新聞LiVE

佐賀新聞LiVE 5ヶ月前
0 0
新型コロナウイルス感染症への感染の懸念から、健康診断の受診控えが続いています。自覚症状が現れにくい病気は少なくありません。2人に1人はかかると言われている“がん”も、早期がんでは無症状であることがほとんどです。過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。定期的な健康診断やがん検診を受けることが生活習慣病の予防や、がんの早期発見・早期治療につながります。まずは自分の体をきちんと知ることが健康維持の第一歩です。

記事を読む