お知らせ
お知らせはありません

ワクチン使い切りが課題 8割接種完了、キャンセル分の穴埋め限界に|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン) - 下野新聞

下野新聞 1ヶ月前
0 0
新型コロナウイルスワクチンを巡り、栃木県が目標としていた希望者の「8割接種」が完了した一方で、現在も接種を継続する医療機関ではワクチンの「使い切り」が課題となっている。突然のキャンセルが出た場合、代わりの対象者を見つけるのが難しくなっているためで、関係者は「廃棄せざるを得ないケースが出ている」と現状を明かす。 栃木県のワクチン接種率は当初、全国で最下位になるなど出遅れたが、その後は市町や県の体制強化により接種が進んだ。

記事を読む