お知らせ
お知らせはありません

そのHFpEF、二次性の精査が必要かも? - 日経メディカル

日経メディカル 1ヶ月前
0 0
有効な治療法が確立されていない左室駆出率が保たれた心不全(HFpEF)。しかし、HFpEFの中には治療介入できる二次性心筋症が潜んでいる場合がある。心アミロイドーシスやファブリー病による心肥大、心筋症はその最たる例だ。筑波大学附属病院では循環器内科教授の家田真樹氏主導の下、これらの疾患を拾…

記事を読む