お知らせ
お知らせはありません

“ジェネリック医薬品の利用を”初の強化月間に - UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨 9年前
1 2
後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品の利用を促すため、山梨県は今月を初めての強化月間として啓発活動を行うことにしました。ジェネリック医薬品は開発メーカーの特許が切れた後、別のメーカーが作った同じ効き目がある薬品です。開発費が少ない分、価格が安いのが特徴です。しかし、山梨県のジェネリック使用率は70.4%と、平均を4.2ポイント下回り、全国44位に留まっています。このため、県では今月をジェネリック推進の強化月間として初めて定め、キャンペーンを実施することにしました。期間中は利用を呼び掛けるテレビコマーシャル

記事を読む

バイオ787 さん 職種:未設定 9年前 0

一般的な製品と異なり医薬品であるジェネッリックは市場原理委ねている場合には、使用促進にはつながらないように思う。都道府県で大きな開きがあるにはそれなりに理由がある。都道府県単位のさまざまな方策に依存しているのであろう。

Shotan さん 製薬メーカー(マーケティング) 9年前 0

全体でも使用量80%の目標に対し足踏み状態が続いているようです。個人的に山梨県の啓発CMがどんなのか興味あります。強化月間でのアクションに対してどれくらいの効果があるのでしょうか。逆に患者の希望で切り替えていない場合、どんな理由が多いのでしょう。ジェネリックに置き換えられるものは早く切り替えた方がいいですよね。