お知らせ
お知らせはありません

抗てんかん剤「Fycompa」欧州において小児てんかんに係る適応で承認申請を提出

エーザイ株式会社 6ヶ月前
0 0

記事を読む

製薬オンラインニュース

エーザイ株式会社は(自社創製の抗てんかん剤「Fycompa®」(一般名:ペランパネル、日本製品名:「フィコンパ®」)について、欧州医薬品庁(EMA)に対して、小児てんかんに係る適応拡大の追加申請したと報告した。「本申請は、欧州において、すでに承認されている12歳以上のてんかん患者様への併用療法における部分発作(二次性全般化発作を含む)および特発性全般てんかん患者様の強直間代発作の適応の対象を、小児患者様まで拡大することをめざすものです。」本罪は、グルタミン酸によるシナプス後膜のAMPA受容体の活性化を選択的かつ非競合的に阻害し、神経の過興奮を抑制する。
効能効果
「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の次の発作に対する抗てんかん薬との併用療法/部分発作(二次性全般化発作を含む),強直間代発作。」