お知らせ
お知らせはありません

A*STAR(シンガポール科学技術研究庁Agency for Science, Technology and Research)スピンオフのスタートアップ〜Celligenics〜

製薬オンラインニュース 2ヶ月前
1 0

Best World Internationalは、2019年1月14日付で、A*STAR のバイオテックスタートアップCelligenicsとShare subscription agreement (SSA/株式割当契約書)を締結したと述べました。Best Worldは、第1段階でCelligenicsの発行済株式総数の12.5%に相当する$5.63 million (約6.3億円)を投資します。両社は、次世代の最先端幹細胞ベースの製品を開発するために協力する意向です。【Best World Internationalは1990年創立のシンガポール企業でアジア、中東など11の市場でスキンケア、パーソナルケア、栄養ウェルネス製品の開発流通を手がけています】

Celligenicsは、2016年設立でシンガポールに本社を置き、幹細胞の研究開発の初期段階にあります。個別化医療の新時代に、幹細胞技術を通じ必要なソリューションを開発提供することを目指しています。

企業ポートフォリオ
企業ポートフォリオ

Celligenics のScientific founderとしてA*STAR Singapore Bioimaging Consortiumグループリーダーの杉井重紀(Shigeki Sugii)氏が参画しています。 またロッシュシンガポール、ロッシュインターナショナルでManaging Directorを務めたKoh Choon Hui氏もスペシャルアドバイザリーボードメンバーの一人です。


Celligenicsは新技術開発のため、シンガポール国立大学(NUS)、A*STAR、Temasek Polytechnic(シンガポール東部タンピネスにある高等教育機関)など研究機関/学術機関とパートナーシップを交わしています。




会社概要
会社名:Celligenics
CEO: Kurt Wee
Scientific co-founder: Shigeki Sugii
創業: 2016年
拠点: シンガポール
社員数: 2- 10名

メンバー紹介
名前:Shigeki Sugii
役職:Scientific co-founder

職歴・紹介文など:
投資業界で長年の経験をもち、ヒト幹細胞、バイオテクノロジー分野への投資に強みを持つ。


名前:Francisco D. Salva
役職:Chief Executive Officer & President (May.2018~)

職歴・紹介文など:
京都大学農学部農芸化学学科、ダートマス大学医学部Geisel School of Medicine at Dartmouthにて博士号取得。

A*STAR 杉井氏およびラボの紹介ページ
https://www.a-star.edu.sg/sbic/Staff-Profile/Detail/itemId/11

https://www.a-star.edu.sg/sbic/Research/Laboratory-of-Metabolic-Medicine-LMM/Fat-Metabolism-and-Stem-Cell-Group-FMSCG

製薬オンラインニュース

最近、体性幹細胞、iPS細胞などを用いた再生医療のニュースが連日のようにリリースされ、まさに今再生医療の幕が大きく開こうとしている。本邦では、かつてよりアカデミアでは再生医療に関連する研究が活発に行われてきており、そして、iPS細胞の発見からオールジャパンの研究体制が進展してきている。当然ながら海外でも再生医療の研究が急速に進みつつありその競争はますます激しくなるであろう。今回取り上げられている記事もその一つであり、今後さまざまなアライアンスにより再生医療が実際に多くの医療現場で使われる日は遠くないであろう。