お知らせ
お知らせはありません

【返済の修羅場3】「嗅覚喪失」という 修羅場をどう乗り切るか? - ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・オンライン 4ヶ月前
0 0
倒産寸前から、売上「3倍」、自己資本比率「10倍」、純資産「28倍」、25年連続黒字!? 今から25年前の1993年3月。メインバンクからも見放された「倒産寸前の会社」があった。 その名は株式会社日本レーザー。1968年創立、東京・西早稲田にある、総勢65名の小さな会社だ。 25年前、火中の栗を拾わされた、近藤宣之・新社長を待っていたのは、「不良債権」「不良在庫」「不良設備」「不良人材」の「4つの不良」がはびこる《過酷な現場》だった。 近藤が社長就任の挨拶をすると、社員みんながそっぽを向いた。 「

記事を読む