お知らせ
お知らせはありません

窪田製薬HD Research Memo(7):遺伝子治療薬の開発は優先順位が下がり、共同開発パートナーの模索も選択肢に - 財経新聞

財経新聞 1ヶ月前
0 0
■主要開発パイプラインの概要と進捗状況 4. 遺伝子治療(網膜色素変性) 網膜色素変性を適応症としたヒトロドプシン※1を用いた遺伝子治療については、2018年1月にSIRION Biotech(ドイツ)とアデノ随伴ウイルスベクター※2確立のための共同開発契約を締結し、同年11月よりプロモーター※3、カプシド※4、導入遺伝子(ヒトロドプシン)の最適化プロセス確立に向けた取り組みを開始している。

記事を読む